内科の種類|病気になったらどうしますか?/信頼できる内科を探すコツ

病気になったらどうしますか?/信頼できる内科を探すコツ

内科の種類

病室

内科を探すとき、まず確認しておかなければいけないのが、「どんな内科があるのか」ということです。

病院の規模によって、受け付けている内科の内容は異なります。
大きな病院であればあるほど、当然受けられる内科の種類は多くなっています。
病院の規模が大きければ大きいほど、内科の種類は細分化されています。
内科でも消化器内科や神経内科、心療内科や糖尿病内科など、さまざまなです。
このように、分けて案内されていたらわかりやすいですが、病院の中には「一般内科」と案内していることがあります。
一般とは何なのか。
どの範囲が一般なのかがわからない人も多いのではないでしょうか。
一般内科とは、他に個別で案内している内科以外は診てくれる内科のことです。
例えば、「消化器内科・神経内科・一般内科」と表示されていた場合、この一般内科では消化器と神経以外の内科をすべて診てもらうことができます。

では、「内科」、もしくは「一般内科」とのみ案内されている場合はどうでしょうか。
この場合は、すべての内科を診てくれると捉えて問題ありません。

通院する病院を選ぶうえで、まず症状が発症したときにどの内科に通うべきなのかを知っておくべきでしょう。
それによって通う場所も変わってくるはずです。
とはいえ、仮に相談する内科を間違ってしまったとしても、当然冷たく門前払いをされることはありません。
症状を診たうえで、きちんと適した内科に案内してくれるので安心してください。